剥離事業部

剥離事業部

TOP 特徴・使用用途・標準塗布量 施工方法・工程 取り扱い注意事項 従来品との比較
メカニズム MSDS よくある質問 施工実績

はく離剤比較

主成分 塩素系有機溶剤 アルコール誘導体
旧塗膜への効果 溶解型
(10分~で塗膜が溶解又は膨潤)
浸透・軟化型
(3時間~48以上時間で塗膜が軟化)
皮膚へ対しての刺激 強い刺激がある(ピリピリ感) ほとんど無い
作業時間 塗膜溶解後、作業可能時間は1~2時間で硬化し、素地へ再付着(季節により変わる) 塗膜軟化後、作業可能時間は2~3日間作業可能(季節により変わる)
消防法 非該当 指定可燃物
(バイオハクリ21Aは非該当)
労働安全衛生法 第2種有機溶剤 非該当
PRTR法 第1種指定化学物質 非該当
PH 中性 中性
生分解性
(環境データ)
データ無し バイオハクリRE:94.6%
(BOD法)
バイオハクリ21A:86.8%
(DOC法)
急性毒性
(ヒメダカによる)
(環境データ)

データ無し バイオハクリRE:70mg/L
(96時間試験)
バイオハクリ21A:280mg/L
(96時間試験)
※家庭用洗剤 10mg/L以下
皮膚へ対しての刺激 特別管理産業廃棄物 産業廃棄物
(廃塗膜、廃プラスチック類に準じた処理

資料請求フォーム

TOP 特徴・使用用途・標準塗布量 施工方法・工程 取り扱い注意事項 従来品との比較
メカニズム MSDS よくある質問 施工実績