剥離事業部

剥離事業部

TOP 特徴・使用用途・標準塗布量 施工方法・工程 取り扱い注意事項 従来品との比較
メカニズム MSDS よくある質問 施工実績

施工方法・工程
<バイオハクリシリーズ標準施工仕様>

※画面をクリックすると拡大写真が見れます

工程1:事前試験施工

事前試験施工

手順1:事前試験施工

事前試験施工

過去に塗膜が重ね塗りされている場合が多い為下地まで剥離できるか、また、放置時間、塗付量などの目安を知るため要必要。

※数箇所必要

-

↓

工程2:保護シート養生作業

保護シート養生作業

手順2:保護フィルム養生

保護フィルム養生作業

はく離剤が土中、植栽などに落ちない様、養生作業を念入りに行う。

-

↓

工程3:はく離剤塗付作業

はく離剤塗付作業

手順3:塗付

塗付量の目安

塗付量の目安

はく離剤塗付作業

はく離剤を使用前によく攪拌して下さい。

1度で標準塗付量が塗れない場合は2~3度に分け塗付する。

夏、冬の季節はフィルムでラップをすると効果が向上する。
(標準塗付量表参照)

-

↓

工程4:はく離剤放置

はく離作業1

 

はく離剤放置

手順4:放置

放置時間は別表標準塗付量参照(12時間~)

旧塗膜と下地の界面まで浸透させ、塗膜が軟化するまで放置する。

-

↓

工程5:はく離作業

 

はく離作業2

手順5:はく離

手ケレンスクレーパー、皮スキなどを使用し、軟化塗膜を除去する。

-

↓

工程6:表面処理作業

旧塗膜を除去した後は、十分にぬめりが無くなるまで水洗いを行う。

↓

工程7:完成

完成

除去した塗膜は、産業廃棄物処理法に従って処理する。

-

資料請求フォーム

pdfはこちら

TOP 特徴・使用用途・標準塗布量 施工方法・工程 取り扱い注意事項 従来品との比較
メカニズム MSDS よくある質問 施工実績