• ホーム
  • 剥離事業部
  • 環境対応型アルコール系"中性"はく離剤バイオハクリシリーズRE・21A・バイオフィルムハクリ塗膜剥離剤

剥離事業部

剥離事業部

TOP 特徴・使用用途・標準塗布量 施工方法・工程 取り扱い注意事項 従来品との比較
メカニズム MSDS よくある質問 施工実績

塗膜はく離の新工法

従来、塗替え工事は老化した塗膜を取り除き活塗膜の上に塗り重ねる方法が一般でした。

しかし、何回も塗り重ねることによってもう限界の建物がほとんどです。
また、電動工具等の物理的な除去方法では、騒音、振動、粉塵など近隣問題などが発生しています。

物理的な剥離工法に変わるのがはく離剤です。

環境対応型アルコール系”中性”はく離剤バイオハクリRE・21A

imageバイオハクリは旧塗膜を溶解させるのでなく、軟化させることで剥離する、全く新しいはく離剤です。
また、従来品と比べ毒性の高い塩素系溶剤=ジクロロメタンを含ず、環境安全性に配慮した高級アルコール系はく離剤です。

 

塗膜剥離のニーズ

  1. 塗り重ねの限界
  2. 意匠替え(タイル張り)
  3. 下地補修・強化(再生・補修)
  4. 耐久性の確保
  5. アスベスト含有塗膜除去
  6. 公共建築物(環境対応)
  7. その他
→ image塗膜剥離工事が必要
  ↑

photo

病院

photo

学校

photo

その他

photo

その他

”バイオハクリシリーズ”:非塩素系(アルコール系)
=塩化メチレンを含まない

photo

高い生分解性。工期の融通が利く。1度の塗付で剥離が可能
あらゆる内外装塗膜に対応する”バイオハクリシリーズ”

”環境・安全性に配慮した高級アルコール系塗膜はく離剤”

<バイオハクリシリーズ>は旧塗膜を溶解させるのでなく軟化させる全く新しいはく離剤です。
再付着による作業環境汚染が少なく、安全衛生面が改善され、作業者安全性・環境安全性が飛躍的に向上します。
(建設大臣官房官庁営繕部監修)
「平成16年度版建設改修工事管理指針」4章6節に示されている 「塗膜はく離剤工法」に該当します。

商品名称 特 徴 容 量 塗付方法 写 真
バイオハクリ
RE
(色:グリーン)
中性で強力タイプ。
厚膜に対応。

樹脂スタッコなどのあらゆる外壁塗膜剥離が可能。
臭気軽減。中粘度タイプ
はく離剤塗付後24~72時間以上持続

・16kg
(石油缶)
・4kg
(4缶入り)
・1kg
(10缶入り)

ローラー、
刷毛、
エアレスなど
バイオハクリRE
バイオハクリ
21A
(色:ブルー)
中性で強力タイプ。
浴槽内壁や室内内壁、床材ボンド等に最適効果。
臭気軽減

・16kg
(石油缶)
・4kg
(4缶入り)

ローラー、
刷毛、
エアレスなど
バイオハクリ21A

-

その他作業状況(電車の車両外板等のカッティングフィルム剥離)

※画面をクリックすると拡大写真が見れます

工程1

photo

photo

養生、ローラーにて塗付

-

↓

工程2

03

フィルム養生で3時間~放置(季節により異なる)
塗付量:1kg/㎡

-

↓

工程3

photo

photo

手ケレン
(スクレーパー等使用)

-

↓

工程4

photo

photo

シンナー拭き
仕上完了

-

-

資料請求フォーム

TOP 特徴・使用用途・標準塗布量 施工方法・工程 取り扱い注意事項 従来品との比較
メカニズム MSDS よくある質問 施工実績